悪玉コレステロールを下げるには

悪玉コレステロールを下げるにはDHAサプリが効果的

バランスの良い食事を毎日摂ることが難しい人は、手軽に必要な栄養素を摂取出来るサプリメントがおすすめです。中でもDHAが配合されたサプリメントが悪玉コレステロール対策に効果的だとの結果が。不飽和脂肪酸であるDHAは、悪玉コレステロールを抑制すると言われています。

 

そもそもDHAとは?

 

DHAとは主にアジ、イワシ、ぶり、マグロなど青魚に多く含まれる成分のこと。ドコサヘキサエン酸の略語で不飽和脂肪酸のひとつです。n-3系脂肪酸であるオメガ3に分類され、人間が体内で生成出来ない成分です。そのため外部より積極的に補う必要があります。理想的な摂取量として、1日に1gというガイドラインが定められていますが、このDHAは魚にしか含まれてなく、またイワシなら2尾は食べないと1gに満たないため、毎日欠かさず摂取することは大変難しいと言えます。

 

DHAのさまざまな効果

 

DHAにはさまざまな効果があります。細胞や血管に働きかける作用があるため、細胞や血管を元気にします。その結果血液はサラサラになります。また、脳に効く頭の良くなる成分としても有名で、アルツハイマー予防や治療にも役立っています。そんなDHAは悪玉コレステロール値や中性脂肪値を下げるという効果もあり、それに伴い起こるかもしれない動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、メタボリックシンドロームなどの症状にも効果があると言われています。肝臓細胞を元気にし、過剰なコレステロールを回収分解の能力が高まるためです。

 

おすすめのサプリメント

 

毎日の生活の中で、なかなかDHAを毎日摂取できるような食事は難しい人にとって、DHAのサプリメントは気軽に摂取出来、とても便利なアイテムです。魚を毎日買うよりもコストパフォーマンス的にも安上がりかもしれません。もしDHAのサプリメントを購入する場合、EPAも一緒に摂取出来るものを選ぶことをおすすめします。EPAもDHAと同じく不飽和脂肪酸でありエイコサペンタエン酸と言われるもので、血液をサラサラにし、中性脂肪に働きかける効果はDHAより高いと言われているため、このふたつの成分を一緒に摂取することで更なる効果が期待できます。


このページの先頭へ戻る